住宅介護支援 ぬくもり サービス内容など

居宅介護支援事業所 支援センター ぬくもり 事業所番号:2371202991

訪問看護では、看護師免許を持つ看護師や保健師、
また必要に応じて理学療法士、作業療法士等が、医療的知識のもとに処置や相談にのることができます。

居宅介護支援でできること

訪問看護の利用
訪問看護事業所と連携をはかり、ご自宅に看護師が
訪問し、健康管理、医師との連携・処置や点滴管理
などを行ないます。
短期入所療養介護の利用
ご家族の不在時など、お泊りサービスを行なっている
ショートステイ事業所へ連絡し、宿泊できるよう調整
します。
訪問入浴の利用
訪問入浴事業所と連携を図り、自宅に浴槽を運び
プロのスタッフが介助のもと、住み慣れたご自宅で
快適な入浴が出来るように支援します。
訪問介護の利用
訪問介護事業所と連携をはかり、訪問介護事業所の
ヘルパーが買い物や調理、または排泄介助、食事介助、
入浴介助といったお手伝いをします。
通所介護・通所リハビリテーションの利用
地域の日帰りサービス事業所(デイサービス・デイケア)と
連携をはかり、自宅とデイサービス間の送迎から食事の提供や入浴、リハビリ・レクリエーションなど、刺激や思い出を増やせるように支援していきます。
住宅改修・福祉用具レンタルの利用
介護保険登録業者へ連絡し、手すりの取り付けや段差の解消、福祉用具のレンタルなどご本人に合わせた環境作りを行いより生活しやすい様に支援します。

ケアプランとは

要介護認定を受けた人が介護サービスを利用するときに必要になる大切な書類です。

ご利用者様本人が自立した生活をする上での希望や要望、「○○を一人でできるようになる」などの目標を設定し、
達成に向けて利用すべき介護サービスの内容などを記載した、「介護サービスの利用計画書」のことを指します。

ご利用者様本人やご家族が作成することもできますが、介護に関する専門的な知識が必要になります。
そのため、作成を代行してくれるケアマネジャーに依頼をする場合がほとんどです

サービスの流れ

サービスの流れ
  • 要介護認定の申請
  • ニーズの把握
  • ケアプランの作成
  • サービス担当者会議
  • サービス事業所との契約
  • サービスご利用スタート